『CAMP&CHEERS KANESHIGE・(長野県下條村・浜松から2時間半)』キャンプそっちのけで、リンゴのスパークリングワインを頂きました。

キャンプ&シードル三昧、浜松からちょっと遠出して、長野県までキャンプツーリング

今回は、長野県下條村の『CAMP&CHEERS KANESHIGE』さんにお邪魔しました。

浜松市から約2時間半の距離なので、少し距離が有りますが、朝10時に出て、途中で小休止と買い物をすれば、13:00のチェックインにちょうど良い時間に成ります。

投稿動画は、はじめの走行映像と、道に迷った様子w、テント設営後は、管理棟のcaféコーナーで飲めるシードル紹介、ほろ酔いで気さくな管理人のお兄さんとの雑談シーンなど撮影してます。

「キャンプと言えば缶ビールと酎ハイ」という方が多いと思いますが、リンゴ農園直営のキャンプ場でシードルキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

動画はこちらから。

ナビの目的地に注意!農園ではなくキャンプ場に設定しましょう。

『CAMP&CHEERS KANESHIGE』さんは、リンゴ農園直営のキャンプ場なのですが、農園とキャンプ場は7キロくらい離れています。

ナビ設定を『カネシゲ農園 Farm & Cidery』としてしまうと、リンゴ畑のど真ん中にある、農園の入口に到達してしまいます。私の様にwww

ナビの設定はCAMP & CHEERS KANESHIGE (Café & Taproom)で設定して下さい。

最寄のスーパーは少し小さめ

動画には入れていませんが、スーパーにも立ち寄っています。

『ショッピングランド ナピカ』さんは今回のキャンプ場から10分ちょっとの距離、国道151号沿いにあるローカルスーパーです。

品揃えは多くありませんが、肉、魚、野菜、お惣菜等、一通りそろっています。

ここで全ての食材を揃えるのではなく、買い忘れや、追加の氷、ローカルスーパーならではのもう一品を探したい時などに重宝するでしょう。(地図リンク)

国道沿いのローカルスーパー、広い駐車場が嬉しい。

『CAMP&CHEERS KANESHIGE』さんのシードル紹介

キャンプの受付、右側に小さなカフェスペースがあります。
1杯無料サービスのウエルカムドリンクはこの中から。
ピーナッツはサービス、良く冷えたシードルをグラスで頂きました。

気さくな管理人のお兄さんが、各シードルの説明をしてくれました。動画の9:40くらいですので、お酒にこだわりのある方は聞いてみて下さい。

キャンプの受付の際にシードル一杯無料券を貰えます。テント設営を終わらせたら、隣のcaféコーナーで少し寛ぎましょう。

なお、一杯では終わらないと思いますので、必ず財布を持って行って下さい、カードも使えます!

私は、一杯だけ飲んで、すぐにキャンプ飯に取り掛かろうと思ったのですが、あまりの美味しさに、4杯も飲んでしまいました。

おかげで、夕食は朝食用に準備したカップヌードルで済ませ、キャンプ飯は全て翌朝に回す事と相成りましたw

渓流のせせらぎを聴きながらキャンプできる芝生サイト

テント設営中、右下はお気に入りのクーラーバッグ。

性能よりもテントとのデザイン重視で手に入れたクーラーバッグ。性能は普通ですが、ライダーにとって『背負える』という唯一無二の利点が有ります。現地でお土産を買いすぎて、帰りの荷物が増えた時にも重宝していますよ。

外のカラビナにシェラカップを付けると「これからキャンプ行くんだぜ感」が出ますw

オートサイトのスペースは10サイトあり、全てが芝生です。地面も柔らかめでしたので、ペグ打ちで困ることはないでしょう。

横を流れる川と、場内の小さな渓流のせせらぎを聴きながら、キャンプを楽しむことが出来ます。

私はシードルをカフェスペースで頂きましたが、瓶のシードルをサイトで頂くのも良さそうですね。

今回の動画はシードルの紹介がメインでしたので、キャンプ場の紹介は次回の記事で詳しく書くつもりです、お楽しみに。

『CAMP&CHEERS KANESHIGE』の詳細・予約はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。