長野県のシードルが味わえるキャンプ場『CAMP&CHEERS KANESHIGE』を紹介。

『CAMP&CHEERS KANESHIGE (長野県下條村)』オートサイトは全て芝生、お酒好きのキャンパーさんにおススメのキャンプ場

ソロキャンプ先でお酒を飲むのも楽しみの一つですが、大量に買い込んでいくと、かなりの荷物になってしまいますよね。

焚火を見ながらグビグビ飲んでいると、気付けばラスト一本、「もう二三本買っときゃ良かった!」なんて後悔した事ありませんか?

そんなあなたにおススメは、リンゴのスパークリングワイン、シードルを生産しているリンゴ農園直営のキャンプ場『CAMP&CHEERS KANESHIGE』さんです。

お酒を買い込んでいく必要はありません!必要なのは、サイトで飲むシードルを冷やすための氷と「キャンプを愛する心だけ」です。

私のおススメは、caféコーナーで存分に飲んで、営業時間が終わった後は、瓶で買った分をサイトで星を見ながら味わう!これです!

浜松からは2時間半ほど、名古屋なら中央道で2時間ほどです。浜松周辺の方はもちろん、三河や名古屋にお住いのキャンプ愛好家のみなさん。

是非一度、シードルキャンプを楽しんでみて下さい。

『CAMP&CHEERS KANESHIGE』さんの紹介。(令和4年9月13日時点)

途中の道は快適

山の中のキャンプ場なので、途中の道が荒れていないか心配かもしれませんが、心配ご無用。国道151から、山道に入っても、そこそこ広めの山道が続きます。

山間部のキャンプ場に良くある、「バイクと軽自動車がすれ違えない?」なんて道はありません。安心してツーリングを楽しんで下さい。

受付でシードルやクラフトビールが買えます。

『CAMP&CHEERS KANESHIGE』さん。この日のキャンパーは私一人だけ!
管理棟前のミニバイクは、場内見回りで使うことが有るとか。
受付カウンター下には、シードルやビールがずらり、サーバーもあるとの事。

管理棟の横がカフェスペースになっているので、私はそこで4杯ほど頂きましたw

チェックインの際に、「シードル1杯無料券」を貰うことが出来るので、テント設営を手早く済ませてしまいましょう。

シードルやcaféコーナーについては前回投稿の記事で紹介してます、YouTube動画も張り付けてあるので、そちらをご覧ください。↓↓↓

オートサイト紹介

キャンプサイトマップ 出典:『CAMP&CHEERS KANESHIGE』公式HPから。

オートサイトは全て芝生なので、ペグ打ちで苦労する事は無いでしょう。

川沿いにあり、場内には人工の渓流が作られていますので、川のせせらぎを聴きながらのキャンプが楽しめます。

炊事場&トイレ

炊事場はシンクが4つ、タワシは置かれていましたが、洗剤は無しです。

トイレはウォシュレット付きです。なお、照明がセンサー感知で点灯するんですが、時間が経つと消えて真っ暗になりますw

夜中のトイレには、ライトを持っていきましょう。月明りだけを頼りに利用したブログ主の様に、若干パニックになってしまいますよw

10区画の写真を撮ってきましたので、サイト選びの参考にして下さい。

オートサイト①:管理棟に一番近いサイト

管理棟に最も近い、すなわちシードル売り場に最も近いのがNo1サイトですw

駐車場が目の前なので、車2台で利用する場合に利用しやすいサイトです。その分、繁忙期は人や車の往来が気になるかもしれません。

静かにソロキャンよりも、グループやファミリー向けのサイトでしょう。

オートサイト②③:遊具が目の前、小さな子供連れに最適

目の前に遊具と水遊び場、子供さんはキャンプそっちのけw

No2.No3のサイトは間に仕切りがないので、2サイト並べて利用するのに向いています。

特徴は何といっても目の前の遊具とすぐ横の人工渓流。

親御さん方は子供をほったらかしにして・・・もとい、子供さん方が元気に遊ぶ姿を見ながら、シードルを楽しむ事が出来るでしょうw

ファミリーキャンパーにおススメのサイトです。

オートサイト④⑤:炊事場とWCが最も近い

NO4.No5のサイト間にも仕切りが無いため、2サイト繋げて利用できます。炊事場が最も近いサイトなので、キャンプ飯がメインのグループキャンプにおススメですね。

トイレも近いのでシードルを飲み過ぎても安心ですよw

オートサイト⑥:川側の視界が良好

No6サイトから見た日の出。

川側の視界が開けているので、全サイトの中で、最も景色が良い場所です。

朝は早く起きて、「日の出を見ながらコーヒータイムとシャレこみたい」、という方にオススメのサイトですねw

オートサイト⑦⑧:炊事場から離れた川沿いのサイト

NO7.No8サイトも並べて利用するのに向いています。炊事場やトイレの動線から離れているので、繁忙期でも人や車の往来は気にならないでしょう。

団体マスツーキャンプに最もおススメのサイトです。

なお、私はここにテントを張りました。反対側の木の下側にも、小さな川が流れていて、ペグが洗えたのが地味に便利でしたよ。

オートサイト⑨:最も奥まったサイト

炊事場から最も離れており、生垣で隣のNo8サイトと仕切られています。

caféコーナーでシードルを飲んだ後に、大自然の中でチョットひと眠り、孤独を求めるソロキャンパーにおススメのサイトです。

オートサイト⑩:バイクのソロキャンなら十分

No10サイトは少し狭いですが、ここだけ500円安い料金が設定されています。とはいえ、バイクのソロキャンなら十分な広さでしょう。

ただ、隣が炊事場&⑦~⑨サイトに向かう道も直ぐ横にあるので、繁忙期は人の往来が気になりそうです。

YouTubeで動画投稿

愛車のインド製バイクのロイヤルエンフィールド 『ブリット500EFI』でのキャンプツーリング動画を投稿しています。

走行シーン、サイトをブラブラ、キャンプ飯を作るシーンなど撮影していますので。サイト選びの参考に、キャンプをしている気分になりたい方、是非ご覧ください。

投稿動画①:走行動画⇒キャンプ場⇒シードルを美味しく頂きました。
投稿動画②:日の出シーン⇒早朝のサイトをブラブラ⇒キャンプ飯⇒走行動画

CAMP&CHEERS KANESHIGEへのアクセス・周辺施設

中央高速方面から
中央高速(飯田山本IC)を三遠南信自動車道方面へ
三遠南信自動車道(天竜峡IC)から国道151号経由で約10分

浜松方面から
ひたすら国道151号を北上、浜松市街から2時間半ほど

注意:ナビ設定を『カネシゲ農園 Farm & Cidery』ですると、農園の方に着いてしまいます。『CAMP&CHEERS KANESHIGE』で設定して下さい。

スーパーショッピングランド『ナピカ』
キャンプ場から約9㌔、国道151号沿いにあるローカルスーパーです。品揃えは少ないですが、必要最低限の物は揃っていたので、買い忘れが有った時や、追加の氷などで重宝しますね。浜松方面からなら通り道です。

銭湯コスモスの湯かじかの湯
どちらもキャンプ場から約7㎞。定休日が異なるので、どちらかが営業してるのが嬉しい。

道の駅信濃下條『そばの城』
キャンプ場から約7㎞、信州名物のそばをテーマにした大きめの道の駅、帰りのお土産はこちらで。

公式ホームページはこちらから↓↓↓

Google MAPのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。