静岡県西部、紅葉の隠れた?名所『大洞院』へ、橋をバックにブリット500を撮影

『小國神社』からバイクで数分、こちらも紅葉の名所『大洞院』

今回は、前回ブログで立ち寄った『小國神社』からバイクで数分の所にある『大洞院』というお寺を訪れました。

小國神社に比べれば小さなお寺で有名ではありませんが、凡そ600年前に建立された由緒ある寺院で、紅葉の名所でもあります。

静岡県西部で紅葉の名所というと、どうしても小國神社のイメージが有りますから、すぐ近くに有ると割を食いますね。(笑)

しかし、そのおかげで訪れる人は少なく、バイクの駐輪スペースに困ることも有りません。ゆっくりと紅葉を楽しむなら、こちらの方がおススメです。

動画はこちらから。

小國神社から大洞院まではバイクで数分

大洞院の入り口前、車が数台だけ

紅葉狩りも良いですが、最大の楽しみはやっぱりツーリングです。

小國神社から大洞院まではバイクで数分(約4キロ)の距離。これがすぐ近くだと、小國神社に寄ったついでに訪れる人が増えて、もう少し混雑するのでしょうが、『近くに有るけど、移動するにはちょっとめんどい距離』という絶妙な立地のおかげで、ゆっくりと紅葉を楽しむことが出来るのです。

大洞院の紅葉の見ごろは11月下旬から12月初旬

入口の『龍門橋』 ①
入口の『龍門橋 』②
『龍門橋』袂の紅葉
紅葉に囲まれた階段
紅葉を見下ろすのも一興

大洞院は小さなお寺で、入口となる朱塗りの龍門橋を渡り、30分もかからず境内を見て周れるでしょう。私が訪れたのは12月1日で、ちょう見ごろと重なり境内は赤と黄色の葉が爆発していましたwww

境内は階段で本堂のある丘に上がる造りになっています。そのため紅葉を見上げるのではなく、見下ろすアングルでも楽しめるのも良いですね、小國神社は「見上げて楽しむ紅葉」といった感じでしたが、大洞院は「見下ろして楽しむ紅葉」でしょうか。

紅葉と龍門橋をバックに写真撮影

写真撮影の為にワザワザ駐車場から移動しました。(笑)
愛車を少し動かしてもう一枚www

境内の紅葉を楽しんだ後は恒例の愛車撮影タイムです!

最初に停めた駐車場ではファインダーに入る紅葉が小さく、他の車も停まっていて良い写真が撮れませんでしたので、数十メートル離れた川辺までブリット500を移動させました。

普段生活はなんでも適当なのに、何でこんなことに限ってこだわるんでしょうか?www

橋と紅葉とブリット500を上手くファインダーに入れることが出来ました。しかし、ブログ主の撮影技術がショボすぎるのか完成した写真は微妙にピントがずれている様な・・・おとなしくスマホのカメラで撮影しようかな(笑)

大洞院はギャンブルにご利益が

大洞院の入口付近、『森の石松の墓』の案内が見えます。

最後に、大洞院の入口には江戸末期の大親分、清水の次郎長の子分だった森の石松のお墓が有ります。勝負ごとに強かった森の石松のあやかり、ギャンブル好きの方が良く訪れるそうです。

なお、墓石を削って持っていると賭け事のお守りになるとかで削られまくり、現在の墓石は3代目だとか。削られないように外国産の硬い石が使われているので、普通にお守りを購入しましょう。私は賭け事よりも交通安全のお守りの方が欲しいですがねwww

それでは今日のブログはこの辺りで、皆さん良いバイク生活を!

ブリット500で紅葉の名所『小國神社』へツーリング、駐輪は離れた駐車場を使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。