浜岡砂丘へキャンプツーリング、『海鮮なぶら市場』の美味しいお刺身と、煮込みハンバーグカレーうどん!

梅雨のツーリングでキャンプと浜岡砂丘の絶景を楽しみました。

今回は、『浜岡砂丘キャンプ場』にお邪魔しました。キャンプサイトから海を見る事は出来ないのですが、砂丘まで徒歩30秒、砂の丘を登れば、太平洋の絶景を拝むことが出来ますよ。

YouTube投稿した動画では、まず最初に御前崎の有名観光魚市場『海鮮なぶら市場』の様子を撮影し、キャンプ場に到着した後は、砂丘の散策と、キャンプ飯タイムです。

砂丘は波打ち際で、地面すれすれの映像を撮影しています。なかなか良い映像が撮れたと思いますよ。

キャンプ飯は、お刺身と『煮込みハンバーグカレーうどん』です。普通のカレーライスじゃつまらないですからね。断じて、炊飯に失敗したからカレーうどんにしたわけじゃないですよ。
本当ですよ。( ̄▽ ̄;)

それでは、PCの前でキャンツー気分を味わって下さい。

動画はこちら。

御前崎の『海鮮なぶら市場』

御前崎の観光名所といえば灯台と『海鮮なぶら市場』
新鮮な魚がズラリ、バイクでは買い辛いので、車で再訪しましょう(笑)
お刺身はタイムセールのたたき売り中でした!!!

静岡県の御前崎と言えば灯台とここ『海鮮なぶら市場』が有名な観光名所です。到着したのは10:30頃だったので、市場だけが営業していましたが、併設の食事処(食遊館)もありますので、ここをツーリングの目的地にするのも良いですよ。人気のジェラートショップも入っていますしね。

定休日:毎週火曜(祝日の場合は翌日)、元日
地図リンク
『海鮮なぶら市場』の公式HP

浜岡砂丘から太平洋を望む

半分も砂に埋もれている案内板wwwはたして本当に半分なのか?
遠くに風車が見える、浜岡砂丘

キャンプ場に到着した後、テント設営前に浜岡砂丘をブラブラしました。自販機やWCのある駐車場のすぐ横が砂丘の入口です。高い砂の丘になっているので、結構な高さを登らないと海が見えません。乗車靴だとちょっときついですが、頑張りましょう。

途中の案内看板のように砂に埋もれないで下さいねwww

『浜岡砂丘キャンプ場』でキャンプ開始

ロイヤルエンフィールド『ブリット 500EFI』とスズキのジムニー
焚火はキャンプの醍醐味です。

今回は珍しく、友人と2人でソロキャンプ?です。集合時間を決めての現地合流なので、ツーリングルートは思いのまま、一人で自由な道を走れるのは良いですね。

この日は他にキャンパーさんがいなかったので、貸し切り状態。併設のカフェもお休みという事で、静かな時間を過ごすことが出来ました。

キャンプ飯は『煮込みハンバーグカレーうどん』

機能よりデザイン重視のギター型スキレット!
メインデッシュは『煮込みハンバーグカレーうどん』

わざわざ魚市場に寄ったのに「魚じゃないんかい!!!」と怒られそうですが、もちろんシーフードも食べましたよ。鯛の刺身と焚火で焼いた貝を、しらす丼のタレで食べたり・・・

しかし、チョットこったキャンプ飯をやってみたかったんです。その為に前日から食材を買い込んだんですから。

というわけで、まずハンバーグを焼いて、野菜を炒めて、カレーを煮込んで・・・火力調節の殆んどできないアルコールバーナーにしては上手にできました。

途中で鍋をひっくり返してしまい、水の量が完全に目分量になったのが玉に瑕(致命傷?)でしたが、楽しく美味しいキャンプ飯でした。

翌朝は大雨、クーラーバッグが大活躍

この日の天気予報は雨、奇跡的に1日目は曇り空で頑張ってくれたのですが、深夜から雨が強まり、翌朝も大雨となってしまいました。まぁ1日目が楽しめたので梅雨時のキャンプにしては上出来です。

ただ、帰りの大雨で大活躍してくれたのが、このキャンプの為に新調したクーラーバッグ!

食材は全て使い切っていたので、カメラやバッテリーなど、水に濡らしたくない物を入れるのに重宝しました。通常のキャンプ用バッグは多少の雨なら大丈夫なのですが、中身のキャンプギヤは湿っていて一緒に入れるのはチョット不安。

このクーラーバッグはナップサックの様に背負えるので、思いがけずの大活躍でした。

帰りは予報通りの大雨・・・
この日の為に買ったクーラーバッグが大活躍でした。

『浜岡砂丘キャンプ場』の情報

カフェに併設するキャンプ場です。すぐ横はバーベキュースペースなので、静かに過ごすというよりも、グループや家族で楽しむタイプのキャンプ場ですね。

私が訪れたのはカフェの休業日だったので静かな物でした、静かなソロキャンがお望みなら、カフェ休業日を狙いましょう。

砂丘のすぐ横にあるので、観光用の駐車場から数メートルの距離ですが、木でしっかりと目隠しされているので観光客の視線は気になりません。

自販機はソフトドリンクと謎の調味料www。最寄のスーパーはマックスバリュー(バイクで5分)ですが、少し遠いベイシア(バイクで10分弱)はホームセンター(カインズホーム)と併設しているので何かと便利です。

キャンプサイトから海は見えませんが、風向き次第で波の音が聞こえるかも。

砂丘の近くですが、キャンプサイトから海や砂丘は見えません。場所が場所なだけに風が強いです。テントを飛ばされないように、ペグ打ちはしっかりやりましょう。

私は砂用のペグで問題なかったですが、口コミを見ると地面が硬いとの書き込みも有ったので、場所により変わるのかもしれません。どちらでも対応できる準備をしておいた方が良さそうですね。

ネコさんは3匹?確認できました。お昼寝中でしたが・・・
直ぐ横がカフェのバーベキュースペース

バーベキュースペースは屋根付きなので、管理人さんのご厚意により、朝の撤収作業に使わせていただきました。雨の撤収作業は屋根が有ると無いとでは大違いですね。

その他

  • 薪も売っていましたが数は少なめ、予約が必要みたいです。
  • 水はそのまま飲めますが、気になるようなら煮沸して下さいとの事
  • トイレは清潔です(洋式 ウォシュレット無し)
  • キャンプ一泊 2,000円/大人一人 1,000円/中学生以下一人
  • 東名高速:相良牧之原ICから約25分
  • 東名高速:菊川ICから約25分
  • 地図はこちら。

公式HPはこちら。なかなか凝ったHPでした。(笑)

浜松市周辺のキャンプ場は他にもあります。↓↓↓

『明野キャンプ場』(静岡県浜松市)でソロツーキャンプ、タイの弁当箱で蒸気炊飯も。 【ロイヤルエンフィールド】『秋葉神社前キャンプ場(静岡県浜松市)』へ秋のキャンプツーリング、ゴープロで星空を撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。