天竜スーパー林道を通って『瀬尻不動の滝』へ(静岡県浜松市)

目の前の公道から、滝を見上げましょう。

浜松市の奥地?にある、『瀬尻不動の滝』まで行ってまいりました。

天竜川沿いを北上する国道152号から、細い山道に入って10分弱の所にある滝です。山の中にある滝となると、駐車場にバイクを停めてから、山道を歩くパターンが多いのですが、ここは何と、駐車場の横がすぐ滝です。

その距離推定20メートルwww

山の上の方から流れ落ちる滝の、真ん中あたりを公道が走っているので、文字通り目の前で滝を眺めることが出来ますよ。

動画では、前半が山道を登って行く映像です。ロイヤルエンフィールド『ブリット 500EFI』のエンジン音と山の景色を楽しんで下さい。

到着後は、山の中腹からの絶景と、ちょうど太陽が滝の上に重なる時間だったので、なかなか良い映像を撮ることが出来ました。

12分程の短い動画ですが、ツーリング気分を味わって下さい。

動画はこちらから。

舗装はされている『天竜スーパー林道』www

道路いっぱいに枝と枯れ葉がwww
落石が道路の中央まで。

動画には入れていませんが、途中の道は依然の記事で紹介した秋葉神社から天竜スーパー林道を通りました。ダートではなく舗装された道なのですが、あくまで舗装はされている道なのでご覧の通り・・・

ちょうど少し前にチョット強めの雨が降ったことで、道には枯れ枝や落ち葉が散乱、下りのワインディングでこれだとライディングに気を使います。まぁ、落石も含めて何時もの事なんですが(笑)

秋葉神社の総本社、浜松市の『秋葉山本宮秋葉神社)』へ参拝ツーリング

無駄に遠回りをしてしまいました(;^_^A

↑↑↑は走行ルート、秋葉神社上社から1時間近く林道を走っていますが、実は早めに152号まで戻ってしまえば、45分程で『瀬尻不動の滝』に到着できたみたいです。

地元の道なので「多分こっちでイイだろう」で道を決めたのですが、裏目に出ましたね。まぁ途中で、ニホンザルを見られたから良いかな。

林道から天竜川まで降りてきました。ホッ

動画のスタート地点で映っている『瀬尻橋』です。天竜スーパー林道の若干悪路を走破して、無事に麓まで到着しました。

この瀬尻橋の袂で愛車を停めて一休みです。クラッチを切って繋いでの繰り返しで左手の握力がほぼ無くなりましたからwww

眺めが良さそうな橋だったのでブラブラしたのですが、歩道スペースが殆んど無いので、散策するにはちょっと危ないですかね、車はほとんど通りませんが、万が一という事も有ります。

『瀬尻不動の滝』は前の公道がビューポイント。

すぐ横にある駐車場、滝の見学スポットまで約20メートル

『瀬尻不動の滝』の駐車場までは瀬尻橋から山道を走って10分弱です。途中は細く曲がりくねった道でしたが、これまでに走ってきた林道の悪路に比べれば正に快走路ですね。動画では橋から滝までの道をノーカットでご覧頂けますよ。

この駐車場で既に滝の音が大きく聞こえます。生い茂る木に隠れて、駐車場から滝は見えませんが、20メートル歩いて見に行きましょう。

ちょうど太陽が滝の上に

ちょうど上手い具合に太陽が滝の真上に来る時間帯でした。逆光が心配でしたが良い映像を撮ることが出来ました。

最高のビューポイントは滝の目の前の道路ですが、滝の音が大きく車のエンジン音が聞こえません。滝に見とれていると本当に危ないですよ。

私はカメラを回していたのですが接近する軽トラに気づかず、「危ないよぉー」という声で気付きましたから。

そう、クラクションではなく運転してるおっちゃんの声でwww

地元の人からしたら、滝に見とれてボーっとしているお馬鹿さんは日常茶飯事の様で、最徐行してくれていたみたいです。ここを訪れる場合は車に気を付けながら、滝を楽しんで下さい。

滝の映像はこちら(9:00)からです。

新緑の季節、滝の反対側も、なかなかの絶景です。

滝を間近に見られるのも素晴らしいのですが、意外と滝とは反対側の景色も絶景です。川の対岸には、わずかに森の切れ目がみえますから、私が走ってきた天竜スーパー林道ですね。角度的に『秋葉神社 上社』は見えないかな?

瀬尻不動の滝』の情報

駐車場は車が4台まで。反対側の山側はすれ違いスペース。
  • 新東名高速:浜松浜北ICから約50分
  • 駐車場:車4台
    滝のすぐ横にあります。道の反対側が広めのすれ違いスペースなので、バイク数台程度なら、邪魔にならない様に停められそうです。
  • WCや自販機は無し、ベンチも見当たりませんでした。
  • Googleマップはこちら。
浜松側からだと途中で近くを通ります。ダムカレーを味わってみては如何でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。