ブリット500EFIで南アルプスへの入口『千頭駅』へツーリング、名物は川根茶ソフト!(静岡県川根本町)

浜松市から奥大井への入口『千頭駅』へ

今回のツーリング先は日本唯一のアプト式鉄道で有名な大井川鐵道の千頭駅(静岡県榛原郡川根本町)です。

浜松市からは約2時間、静岡市なら1時間程度の距離で、ルート的にも車の少ない山間の道が多い事から、静岡県中西部のライダーにとってはおなじみのツーリングスポットですね。

周辺には食事や甘いもの(川根茶ソフト等)を楽しめるお店がそこそこあり、ここを休憩地として更に山奥まで走るライダーも多いので、他県からのロングツーリングの目的地としてもおススメですよ。

そしてなにより、このブログでは毎度おなじみ、『ゆるキャン△聖地』でもあります。まだ原作漫画のみの登場ですが、話題性から見るに、今後のアニメとドラマで登場する事は確実でしょう!余談ですが、今年令和4年の劇場版公開には、皆様お誘い合わせの上で映画館に行きましょう。(笑)

大井川沿いの快走路で千頭駅へ

大井川沿いの快走路を鼻歌を歌いながらツーリング中www

浜松からは国1バイパスで大井川付近まで来た後、ひたすら北上するルートです。

基本的に片側1車線の快走路でゆっくりとツーリングが楽しめる、おススメのルートなのですが、YouTube動画で既に4回は取り上げているので、今回の動画ではガッツリ編集でカットしました。

さすがに1年程度の動画投稿期間で何度も映像を使ったら、「チッ、またかよ」と思われてしまいますよねwww

動画のコメント欄には、外国の方から「日本の道はす凄く綺麗だ!」と絶賛していただくコメントを多く貰っているのです、味を占めて同じ道を何度も紹介するのは気が引けるのです。

そこで今回の投稿では千頭駅より更に山奥に向かうルートをメインに編集しました。千頭駅から凡そ13分間のツーリング映像を字幕とカットを極力減らして編集してるので、そちらも是非ご覧くだい。

後半のツーリング動画はこちらから

千頭駅横の道の駅、駐車場は広さ充分

大井川鐵道『千頭駅』前、日本唯一のアプト式鉄道が更に山奥まで延びています。
道の駅『奥大井音戯の郷』の駐車場、千頭駅のすぐ横にあるので、散策に便利
お気に入りのサイドバッグとチタンマグ

千頭駅のすぐ横にある踏切を渡れば、道の駅『奥大井音戯の郷』です。

駐車場は団体マスツーでも困らない程度の二輪スペースが確保されているので、千頭に来たらここを利用しましょう。

道の駅の施設を利用したのは数えるほどですが、駐車場は毎回利用させてもらってます。毎度毎度、縦に停めるか、横に停めるか迷うんですよね。(笑)

大抵は先に停まっていたバイクに合わせるんですが、この日は一台も停まっていなかったので、贅沢?に斜めに停めて写真撮影をさせて頂きました。

千頭駅名物『川根茶ソフトクリーム』

駅前で川根茶ソフトクリーム、『ゆるキャン△』に登場してます!!!
大井川を見ながら、ソフトクリームタイム。

さあ、本日のメインイベント『川根茶ソフト(350円)』は駅前の通りを渡ってすぐの所にある『茶問屋 川根物産』さんです。

千頭を訪れる度に食べているので、軽く10回以上は食べているかな(一日に2つの日も有ったんでwww)

写真はバニラに見えますがミックスソフト、左下の方が僅かに緑色です。

バニラか川根茶か迷った挙句、無難にミックスを選択。

いやいや、好物のバニラソフトとご当地味の川根茶ソフト、迷わないなんてあり得ないでしょ。

甘いもの好きからしたら両方食べたいが、真冬のこの時期にさすがにそれはキツイ・・・

I cannot choice!

と、なった挙句のミックスチョイスです。本当にソフトクリームのミックスを考えた人に感謝!

時間が有れば、大井川鐵道に乗車も

アプト式鉄道の機関車、バイクを置いて鉄道の旅も良いかも

ソフトクリームを堪能したあと、駐車場に戻る途中に、『南アルプスあぷとライン』の列車が発車しました。

「あっ、乗ろうと思えば乗れたかも・・・」というか確実に乗れましたね。(笑)

千頭駅には毎度毎度、同じ様な時間に訪れるので、この踏切通過を見るのも何度目かな・・・

アプトラインに乗れば『奥大井湖上駅』で40分程度の滞在時間が取れます。

奥大井湖上駅から歩いて行ける展望台から撮影、写真中央の岬に駅が有ります。(令和3年4月撮影)
『奥大井湖上駅』のホーム上、鉄橋横の歩道で、展望台まで行けます。

暗くなる前に帰って来れます。(上の時刻表で緑ライン)
もしも写真の列車(13:36)に乗車して、ブログ主がイチオシの観光駅奥大井湖上駅で降車すれば、反対列車が来るまで約50分の観光タイムが取れ、16:35には千頭駅に戻って来られます。
千頭駅(13:36)

奥大井湖上駅(14:42)
 滞在時間50分
奥大井湖上駅(15:32)

千頭駅(16:35)

午前中の列車に間に合えば(の時刻表で青ライン)
少し早く家を出て、午前中の列車を利用すれば、13:15には千頭駅に戻ってこれますので、余裕でもう一走りできますね。
千頭駅(10:20)

奥大井湖上駅(11:24)
 滞在時間48分
奥大井湖上駅(12:12)

千頭駅(13:15)

滞在時間は50分程ですが、展望台まで10分ほど歩くので、ちょうど良い時間です、大井川鐵道さんも、それを見越してダイヤを組んでくれているはずなので、満足いく観光が楽しめるでしょう。

バイクを置いての電車の旅、ただ走るだけのツーリングも良いですが、たまには変わった旅もしてみませんか。

鉄橋を歩くシーンと駅の様子をご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。