ロイヤルエンフィールドでビーナスラインの続き、写真撮影ポイントを偶然発見!

ゴープロをヘルメットマウントに変えてビーナスラインを避暑ツーリング

前回は浜松市から、途中の寄り道をメインに紹介しましたが、今回はビーナスラインだけの記事です。

富士川沿いの道の駅からビーナスラインにある『伊那丸富士見台駐車場』まで、ぶっ通しで走ってきたので、小休止で15分ほど滞在し、写真撮影を心おくまで済ませた後、再び走行タイムです。

動画はこちらから。

『伊那丸富士見台駐車場』で小休止中のブリット500EFI

ここまでは、ゴープロを首に掛けるネックマウントで撮影しましたが、ここからはヘルメットマウントに変えて撮影です。

常に、正面が撮影できるネックマウントと異なり、顔を向けた方を撮影できるので、ビーナスラインの様に、そこら中に見どころが有ると、こちらの方が良い動画が撮れそうですもんね。それに、視点が高くなる分、良い景色が取れる利点があります。

欠点は、バイクのメーター機器類が殆んど映らないので、ツーリングをしている雰囲気があまり出ない事や、景色が良すぎてキョロキョロしすぎると、動画が観れたもんじゃなくなることですw、頑張って自重しましたがww

ビーナスラインを走行中、バイクのシールドがチョットだけ映っています。
正面アングルを維持、撮影優先です。景色を楽しむ為、再度カメラ無しで走行しましたがw

思いがけず、良さげなバイク撮影場所を発見

今回は、下調べせずに伊那丸富士見台駐車場にナビ設定するだけで走りに来たのですが、たまたま絶好の撮影ポイントを見つける事が出来ました。

偉そうに言ってますが、普通の道なので、常連さんからしたら有名な撮影場所かな?すぐ近くの似たような場所には、常連さんぽい人が車を停めていましたので・・・

※記事の一番下に地図を載せています。

ビーナスラインから少し外れた撮影ポイント①
360度カメラをスタンバイ。今回の動画はゴープロを優先しましたがTHETA-Vを使ってます。

360度カメラに使っている自撮り棒は簡易三脚と兼用で使っています、荷物を減らしたいバイクの旅ではありがたいですね。

少し手前の同じような場所には先約が、ソーラーパネルを使っていたのでキャンパーさんかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。