『ゆるキャン△』聖地巡礼ツーリング3、リンちゃん達が訪れた畑薙ダムでバイク撮影。

バイクで行ける大井川最北のダムへ『ゆるキャン△』の聖地巡礼

3週連続の『ゆるキャン△』の聖地巡礼記事です。

静岡県の北に出っ張っている場所に最も近い、大井川の畑薙第一ダム。

南アルプスの玄関口ということで、周りは山ばかり、観光地化されているダムとは違い、周りには観光客どころか、人っ子一人いません。

まあ、立地的に2時間近く細い山道を走らないとたどり着けないので、人がいないのは当然のこと・・・ここに来る一般車は登山の人か、時間帯通行止めで帰れなくなり、時間つぶししている人だけでしょう、私の様に(笑)

という訳で、超絶人気漫画『ゆるキャン△』でリンちゃんと綾乃ちゃんが休憩した、畑薙第一ダムを訪れた動画をYouTube投稿しました。

このブログが投稿される頃は、路面凍結でバイクは危険かもしれませんが、来年の春ツーリングの参考にして下さい。

電子書籍もある『ゆるキャン△』の原作、大井川周辺を訪れるエピソードは10.11巻です。

Amazonのポイントが余っていませんか?大人買いはこのボタンから。

大井川周辺を訪れた記事を他にも投稿しています。

注:川根本町から大井川上流にかけての道路は『通行止め』『時間帯通行止め』がある場合が有ります。静岡県道路通行規制情報提供システム静岡市葵区榛原郡川根本町の規制情報をチェックしてから出発する事をおススメします。

クマに注意

クマ出没注意『ゆるキャン△』ドラマの方で登場しそうw

畑薙第一ダムの横にはこんな注意看板が立っています。

原作漫画で出てきたクマ出没注意の看板は、畑薙大吊り橋の物でしたので、アニメ3期では出てこないでしょうが、

もしも新作のドラマが放映されることになったら、この看板が使われそうです。

アップで映し出される様子が目に浮かびますねw

畑薙第一ダムには、展望所も有ります。

ダムを見下ろす展望所
漫画ではワンカットの下の方に少しだけ描かれていた展望所w
展望台からの眺め
展望所からの眺め、枝が被っているのがちょっと残念!

畑薙第一ダムは観光地ではないとはいえ、ダムを眺めるための展望所が設けられています。

ここを目当てに訪れる人よりも、南アルプス登山のついでに立ち寄る人が多いんでしょうね。

11月中旬までなら、紅葉シーズンだったのですが、この日は既に12月、来年はもう少し早く来たいですね。

ただ、既に葉を落とした木々も季節を感じられます、雪の季節だとバイクで訪れる事は難しいので、これがライダーが見ることの出来る冬の畑薙ダムの姿なのでしょう。

広告

ダムの上でロイヤルエンフィールドを撮影

畑薙湖
畑薙湖、艀は作業中かな?
畑薙ダムの上
有名ユーチューバーさんの真似してみました。角度が意外と難しいw
ブリット500に乗車中
誰もいないので、歩道の真ん中に三脚を置いて撮影できました。

ダムといえばダム湖、畑薙第一ダムの北にあるのは畑薙湖です。

紅葉の時期なら、水面に赤や黄色の紅葉が反射して、良い写真が撮れそうですね。

しかし、この日はバイク撮影、広い敷地をほぼ貸し切り状態なので、歩道のど真ん中に自撮り棒兼三脚を置いて、気兼ねなく撮影できました。

有名ユーチューバーさんみたいに、バイクをバックに自撮りしながら歩くなんて事にもチャレンジしたんですが、これがなかなか難しい・・・w

他のユーチューバーさんも色々と工夫して撮影しているんですね、登録者650人の私も頑張らないと!

他の大井川『ゆるキャン△』聖地巡礼記事は↓↓↓から。

『ゆるキャン△』聖地巡礼ツーリング1、バイクも渡れる吊り橋『井川大橋』へ 『ゆるキャン△』聖地ツーリング2、井川大橋から畑薙ダムを抜けて大井川の最果てへ!
新東名高速(島田金谷IC)から北へ1キロ付近から通行止めです。(令和4年12月8日時点)

国道473号で通行止め(島田市:神尾~福用)が発生しているので、浜松方面や新東名(島田金谷IC)からは国道1号で島田静岡方面に向かって下さい。

大井川を渡った最初のIC(向谷IC)で降りて、県道64号を経由すれば、川根温泉や千頭方面に行けます。

下の地図は新東名(島田金谷IC)付近から県道64号のコンビニを経由し、千頭に向かう途中ある『道の駅 川根温泉ふれあいコテージ』に設定してます。

国道473号の道路状況は静岡県道路通行規制情報提供システムで確認できます。

大井川周辺を訪れた記事を他にも投稿しています。

注:川根本町から大井川上流にかけての道路は『通行止め』『時間帯通行止め』がある場合が有ります。静岡県道路通行規制情報提供システム静岡市葵区榛原郡川根本町の規制情報をチェックしてから出発する事をおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。