『ゆるキャン△』聖地巡礼ツーリング1、バイクも渡れる吊り橋『井川大橋』へ

『夢のつり橋』が工事中だったので、バイク撮影ポイントで有名な『井川大橋』へ

今回は、バイクで渡れる吊り橋として、更にバイク撮影ポイントとしても有名な大井川(静岡県)の吊り橋、『井川大橋』まで、愛車のロイヤルエンフィールドでツーリングです。

大井川に架かる吊り橋といえば、寸又峡の『夢のつり橋』が有名なのですが、令和4年12月現在、道路崩落の為に渡ることが出来ません。

このブログは台風の爪痕が残る、川根本町を応援しようと、勝手に応援キャンペーンをやっている(笑)ので、寸又峡の『夢のつり橋』を訪れた記事を投稿しようと下調べしていたら、まさかの工事中・・・

いや、少し前に工事をしていたのは知っていましたが、まさかこんな長期に渡る工事だったなんて・・・知らんかったですw

来年、令和4年1月中旬に復旧見込みという事なので、今回は別の吊り橋を訪れる事とあいなりました。

というわけで、目的地は奥大井地区の起点『大井川鉄道 千頭駅』から約40分の所にある、『井川大橋』です。

途中で通過した、塩郷の吊り橋、千頭駅、から井川大橋まで全て、人気漫画『ゆるキャン△』に登場した、由緒正しき巡礼地ですので、ぜひ手元に原作10・11巻を準備してご覧ください!

広告

ロイヤルエンフィールドで大井川沿いをツーリング

毎度おなじみの『塩郷の吊り橋』を通過。

浜松から井川大橋のある奥大井地区に向かうには大井川沿いを北上するルートがほぼ唯一の道です。

その途中には多くの吊り橋が架けられており、途中の『塩郷の吊り橋』は、最もアクセスしやすい場所に有るので、人気の観光スポットでもあるんですよ。

このブログでも何度か取り上げています。↓↓↓

【塩郷の吊り橋】今こそ大井川の吊り橋に行こう!SLだけが観光じゃありません!

大井川鉄道『千頭駅』、大井川鉄道本線の運休で、お休み中のSLたち。(バス代行はやってます。)
『南アルプスあぷとライン』は運行中なので、千頭駅前は元気です。

大井川鉄道の千頭駅は本線と井川線(南アルプスあぷとライン)の接続駅です。

すぐ隣に道の駅道『奥大井音戯の郷』があり、奥大井に向かう途中の休憩ポイントとして訪れるライダーも沢山いますね。

駅前は飲食店やスイーツが食べられるお店が並び、『ゆるキャン△』の原作で登場したダムカレーが食べられるのも、この千頭駅前の『カフェ うえまる』さん

ここで英気を養ってから、奥大井ツーリングに向かうのがおススメです。

電子書籍もある『ゆるキャン△』の原作、大井川周辺を訪れるエピソードは10.11巻です。

Amazonのポイントが余っていませんか?大人買いはこのボタンから。

バイクを道の駅に置いて鉄道で旅した記事も投稿していますよ。もちろんダムカレーも美味しく頂いています。↓↓↓

『大井川鐵道 千頭駅(静岡県)』にバイクを停めて、『井川線 (南アルプスあぷとライン)』に乗ってきました。

『ゆるキャン△』の聖地巡礼、大井川鉄道『井川線 奥大井湖上駅』とダムカレーの旅。『カフェうえまる』

雨の後なので、道路わきに小さな滝がチラホラと

井川大橋へ続く県道は、千頭駅や長島ダム、奥大井湖上駅付近と、快走路が続きますが、井川大橋に近づくほどに、細く曲がりくねった道へと変わっていきます。

途中には落石の後がチラホラ、雨の後という事で、山側には小さな滝が幾つも誕生していました。

即席の滝を楽しみながらゆっくり走るのもなかなか良い物ですよ。私の愛車のブリット500は速く走るのとは無縁のバイクなのです。ゆっくりツーリング最高!

広告

ツーリングの目的地は『井川大橋』車もバイクも渡れる吊り橋

車も渡れます(2トンまで1台ずつ)『井川大橋』
曇ってきたのが残念、山奥だからしょうがないか。

バイクの撮影ポイントしても大人気

井川大橋は車も渡れる吊り橋という事で、地元の人が頻繁に利用する橋だと思っていたのですが、

到着後、付近に車は見当たらず、これ幸いと、橋をバックに撮影を終え「運が良かった」と一安心。しかし

何のことは無い、撮影開始から約15分、一台も通りませんでしたw

バイク撮影スポットとして人気なのが、分かったような気がします。

『三脚兼自撮り棒』で撮影。小さく畳めてバイクに積み易く、バイクYouTuberの心の友!
車が来る気配が全くないので、邪魔にはならなさそう。

バイク撮影は吊り橋の東側で。

撮影は井川大橋の東側で行いました、西側は橋の袂の道が曲がっており、坂になっているので、県道から車が来た場合に、すぐに移動できず、通行の邪魔になってしまいます。

その点東側は、橋と道がほぼ直角のT字路状態なので、車が見えてから、バイクを前に移動すれば、交通の邪魔になりません。

バイク撮影するなら、東側(走ってきた県道じゃない方)がおススメです。 

井川大橋より更に北上した記事は↓↓↓こちら。

『ゆるキャン△』聖地ツーリング2、井川大橋から畑薙ダムを抜けて大井川の最果てへ!

ツーリングを計画中のライダーさんへ、『井川大橋』へのアクセス情報。

  • 大井川鉄道 千頭駅からバイクで40分
  • 新東名高速(島田金谷IC)からバイクで100分
  • 公共交通機関なし。
新東名高速(島田金谷IC)から北へ1キロ付近から通行止めです。(令和4年12月8日時点)

国道473号で通行止め(島田市:神尾~福用)が発生しているので、浜松方面や新東名(島田金谷IC)からは国道1号で島田静岡方面に向かって下さい。

大井川を渡った最初のIC(向谷IC)で降りて、県道64号を経由すれば、川根温泉や千頭方面に行けます。

下の地図は新東名(島田金谷IC)付近から県道64号のコンビニを経由し、千頭に向かう途中ある『道の駅 川根温泉ふれあいコテージ』に設定してます。

国道473号の道路状況は静岡県道路通行規制情報提供システムで確認できます。

大井川周辺を訪れた記事を他にも投稿しています。

注:川根本町から大井川上流にかけての道路は『通行止め』『時間帯通行止め』がある場合が有ります。静岡県道路通行規制情報提供システム静岡市葵区榛原郡川根本町の規制情報をチェックしてから出発する事をおススメします。

大井川周辺を訪れた記事を他にも投稿しています。

注:川根本町から大井川上流にかけての道路は『通行止め』『時間帯通行止め』がある場合が有ります。静岡県道路通行規制情報提供システム静岡市葵区榛原郡川根本町の規制情報をチェックしてから出発する事をおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。